レーザー盗聴 方法

盗聴器 発見

レーザー盗聴の方法と手口

レーザー盗聴とはレーザー光線を使った盗聴です。
盗聴したい部屋に盗聴器を仕掛けることは必要ありません。
盗聴したい対象者がいる部屋に対してレーザー光線を当てます。
そのため第三者が発見しようとしても困難を極めます。
部屋の窓にレーザーを照射してレーザーの反射によって盗聴をします。
窓ガラスや壁のかすかな振動をキャッチして音声を復元するのです。
盗聴の音はかなりクリアーに聞こえるようです。
直接仕掛けるのではないので部屋の中で発見されることはありません。
しかし、レーザーを窓に垂直に発射しなければ盗聴することは出来ません。
レーザーを窓に照射することで周囲の人に気づかれやすい弱点もあります。
かなりリスクの高い盗聴方法になるでしょう。
一般家庭で使用されることはほとんどないと考えられます。
スパイ活動や諜報活動を目的とした盗聴活動で主に使用されると言います。
探偵社や調査会社も使っているようです。
レーザー盗聴は広く一般に普及しているものではありません。
この盗聴器はかなり高価な値段がします。
安くても数百万円はするようです。
700万円とも1000万円とも言われています。
このレーザー盗聴は専門的知識がなければ扱うことが出来ません。
コンクリート、壁の材質、厚さなどによって聞こえ方はさまざまです。
部屋に盗聴器を仕掛けなくてもいいのですが設置するのは大変です。
盗聴をクリアーに聞けるようになるためにはかなりの知識が必要になってくるらしいのです。