盗聴 体験談

盗聴器 発見

盗聴被害の例 Yさんの場合

Yさんは一般家庭の主婦です。
中学生になる長女、小学校高学年の次女と夫の4人暮らしです。
Yさんは最近無言電話が多く掛かってくることに不安を抱いていました。
しかもYさんが自宅にいるときを狙って無言電話が掛かってくるような気がしていたのです。
夫に相談しても気のせいだろうと言われ、様子を見ていました。
ところが先日誰かが自宅に侵入した形跡があったのです。
家族で遠出して帰ってきたところいつも電話のそばにおいているはずの花瓶が近くの机の上においてありました。
家族の誰かが動かしたのだろうと思い、訪ねたが誰も動かしていないとのこと。
誰かが留守中に自宅に入り込んでいるかもしれないと考えたらどんどん不安が大きくなっていきます。
不安を感じているYさんを見かねたYさんの夫が自宅内を徹底的に調査してくれることになりました。
誰かが侵入してきているのなら盗聴器が仕掛けられているかもしれないと考え、テレビ、パソコン、コンセント、エアコン、室内照明などあらゆる場所を探しました。
なんとコンセントから盗聴器が出てきたのです。
テレビ番組で「よく盗聴器が仕掛けられているところはコンセントが多い」という話を覚えていたYさんの夫はまさか家にはないだろうと思いながら探したようですが・・・実際に盗聴器が出てきたことでYさんはかなり動揺したようです。
家族の会話が盗聴されていたのですから動揺するのも無理はありません。
犯人は誰だか分かっていないので警察に相談したとのことです。