電磁波盗聴 方法

盗聴器 発見

電磁波盗聴の方法と手口

電磁波盗聴とはどのような手口なのでしょうか?
電磁波盗聴とは通称テンペストとも言われています。
遠く離れたところからパソコンの電磁波を拾ってモニター画面を映し出すのです。
電磁波盗聴はパソコンを勝手に遠隔操作し内部にデータをダウンロードするということではありません。
あなたが今見ているパソコンの画面を遠く離れた人も見ることが出来るというものです。
ディスプレイを復元できるのみです。
一般の人の場合たいして驚異に感じることはないかも知れません。
しかし警察の調書や防衛庁の文書、保険会社の顧客リスト、金融会社の顧客リストなど知られては困る情報であれば大きなリスクに感じることになるでしょう。
高度な専門技術の知識があれば秋葉原で売られているような電子機器を利用して電磁波盗聴をする機器を作ることが出来るようです。
これとは別に無線LANの電波を介してパソコン内のデータを盗んだり、ネットを使って行ったやり取りを盗み見されたりすることがあります。
無線LANでパソコンのネットワークを構築しているような場合、その電波は簡単に外部に漏れてしまいます。
暗号化していれば防ぐことが出来ますが、暗号化されていないと誰にでも簡単に情報が漏れていってしまうのです。
暗号化されていない無線LANは全ての通信内容をのぞかれているようなものなのです。
電子メールの情報、機密ファイルの情報等のぞかれているかもしれないと考えたほうがいいでしょう。