デジタル盗聴 方法

盗聴器 発見

デジタル盗聴の方法と手口

デジタル盗聴とはどんな方法なのでしょうか?
デジタル盗聴とは携帯電話です。
携帯電話を盗聴器として使うことが出来るのです。
なんとも怖い話です。
携帯電話を使った盗聴の手口はどのようになっているのでしょうか?
盗聴したい場所にある設定をした携帯電話を仕掛けます。
ある設定というのは、昔の携帯電話はある機能をON/OFFが出来るようになっていました。
OFFにすることで音がクリアーに聞こえることが出来たのです。
ただし今売られている携帯電話はこの機能を設定することは出来ないようになっているようです。
仕掛けたら簡単です。
盗聴をしたいときにだけその仕掛けた携帯電話に電話をかけます。
すると音も光も発しないように設定された携帯電話から必要な情報や有益な情報が盗聴としていくことが出来るのです。
部屋中の物音など筒抜けです。
携帯電話から音を聞いているので盗聴者が音を出せばその音が設置された携帯電話から聞こえてしまいます。
盗聴者は声を殺して盗聴をしているのです。
携帯電話を使ったデジタル盗聴は携帯電話が使えるところなら何処でも盗聴することが出来ます。
設置した携帯電話のバッテリーがなくなるまで何度でもかければ部屋中の音を拾うことが出来るのです。
連続して盗聴できる時間は大体2時間程度のようです。
しかし携帯電話があれば盗聴することができるのですから、専門的知識は必要ではありません。
誰でも行なう事ができると盗聴といえるでしょう。