盗聴器 発見

盗聴器 発見

身近に出来る盗聴対策

盗聴されにくい状況を作ることが大切です。
盗聴器が仕掛けられたとしてもすぐに判るようにして置くことです。
コンセントまわりは盗聴器が仕掛けられやすいところです。
短時間で仕掛けることも出来ますので盗聴をする人の多くがコンセントを対称にしているようです。
どんな家にもコンセントはあります。
コンセントタップもどんな家にもあるでしょう。
取り替えられても分からないようではダメです。
自分にしか分からないような目印をつけることですり変えられたとしても気づくことが出来ます。
定期的に盗聴器がないかチェックすることも大切です。
盗聴器を発見する機器を使って部屋中をチェックするのです。
盗聴器は全く知らない人が仕掛けるケースもありますが、意外と身近な人が盗聴を行っている場合も多いのです。
以前付き合っていた人、仲の良かった友人が盗聴器を仕掛けている場合も考えられるのです。
盗聴器は誰でも手軽に購入することが出来ますので盗聴する人も増えてきているのです。
盗聴をされていた場合何かおかしいと感じることがあるでしょう。
不安な気持ちやおかしいと感じた感覚があった場合はすぐに発見器を使って調べましょう。
自分で発見できない時には盗聴の専門業者に依頼して調べてもらうのも良いでしょう。
放置していることは一番危険です。
どんどん情報が出て行っているのですから。
少しでも不安を感じたらすぐに対応を行いましょう。
早めの処置で被害を少なく済ませることが出来るのです。

発見器の設置方法

盗聴器は様々な場所に設置されています。
コンセントまわり、電気機器、パソコン、ぬいぐるみ、ゴミ箱、イス、机、電話等こんなところに盗聴器がし掛けられるの?
という場所にもあります。
盗聴器が仕掛けられるポイントはいくつかありますので頭に入れておけば発見しやすいでしょう。
外部の人間が盗聴器を仕掛けるために侵入すれば仕掛けやすいところは何処であるか?
短時間で設置できる場所は何処なのか?
これらを考えて盗聴器を設置しやすい場所を考えます。
最近はコンパクトな発見器も多く出回っています。
持ち運びが楽な小さなタイプの発見器もあります。
見た目はコンパクトな発見器でも十分な働きをしてくれます。
コンパクトな発見器の中にはボタンを押すだけで余計な電波が出ているかどうかを確認することが出来ます。
引越ししてきたが盗聴器が仕掛けられていては部屋でゆっくりとくつろぐことも出来ません。
まずは発見器で盗聴器があるかどうかを確かめます。
コンセントの中に仕掛けられた盗聴器でもコンセントを開ける必要はありません。
発見器をコンセントに近づけるだけで音と光で教えてくれるでしょう。
トイレや脱衣所なども盗聴器が仕掛けられやすいところです。
ホテルに宿泊した時にトイレや部屋の中に盗聴器があるかどうかの確認をするときにも便利です。
発見器の中には数千円と安いものがあります。
安くてもきちんと機能してくれますので安心して使用することが出来るでしょう。

盗聴に関する法律

盗聴器が広く一般的に販売されるようになって来ていますが、盗聴器を買うことは犯罪になるのでしょうか?
盗聴器はただの発信機という考え方です。
売っても買っても犯罪にはなりません。
盗聴器を仕掛けるために人の家に無断で侵入すれば犯罪です。
「住居不法侵入」です。
他人の家ではなくじぶんの勤務する会社や学校などの場合はどうでしょうか?
勤務していたり修業していたとしても本来の目的から逸脱しているので「住居侵入罪」がとわれることになります。
他人尾家に盗聴器を設置することはプライバシーを侵害することになります。
「不法行為」として損害賠償責任が生じます。
盗聴した内容を第三者に漏らせば「電波法」「名誉毀損」、盗聴で知った情報をもとに脅せば「恐喝」で法律に違反することになり罪になります。
コンセントまわりは盗聴器が仕掛けられやすいところとして知られています。
コンセント内部に盗聴器を仕掛ける場合電気を無断に使用したことになります。
電気を使って電源を得るタイプの盗聴器は電気を無断で使用したということになります。
「電気窃盗」の罪に問われるでしょう。
電話回線に盗聴器を設置した場合は電気設備に勝手に細工を加えたことが罪に問われます。
ただし盗聴が実際に立証されるのはかなり難しい状況があります。
盗聴されて被害にあったとしても今の法律では泣き寝入りする人が多いのです。
盗聴されないように自分を守ることが一番大切な防御策となるでしょう。

探知機の活用

盗聴器があるかもしれないと感じたときあなたならどうしますか?
盗聴専門の業者に依頼すれば盗聴器があるかどうかがわかります。
まずは自分で探したいと思う場合はどうすればよいでしょうか?
自分の部屋にあるかもしれない盗聴器を探す時は「広帯域受信機」という探知機を使いましょう。
広帯域受信機は2万円前後で購入できるものもあります。
業者が使うような本格的なものは何十万円もするようですが、一般の人がつかうのであればそこまで本格的なものは必要ないでしょう。
広帯域受信機はなんでも受信することが出来るラジオのようなものです。
決められた周波数を探し出せば消防車が使う無線や警察車両が使う無線、タクシーが使う無線等色々な無線を聞くことも出来るのです。
広帯域受信機を使用すれば盗聴器が仕掛けられている音が聞こえてきます。
部屋に仕掛けられていれば音が聞こえてくるので盗聴器の存在が明らかになるでしょう。
広帯域受信機には「盗聴波発見機能」がついています。
初心者の人であっても十分使いこなすことが出来るでしょう。
盗聴波発見機能があれば部屋の中に仕掛けられているかを警告音で知らせてくれます。
盗聴器を発見するために探知機を持っていれば被害が大きくならずに済むでしょう。
有益な情報を相手に知られる前に防ぐことも出来るのです。
キーホルダーのような形になっている持ち運びが出来るタイプの探知機もあります。
持ち運びが楽なので探す時も楽チンです。
持ち運びのよさと手になじむ大きさですばやく盗聴器を探すことが出来るでしょう。

盗聴器の発見方法(2)

盗聴されているかもしれないと感じた場合、まずは声を出さずに探していきましょう。
盗聴者は対象者の会話を聞くことを周知しています。
必要なことを何も話さなければ盗聴できません。
盗聴器を探す時には声を殺して探していきましょう。
家電製品や日用品の中に仕掛けられていることもあります。
製品に仕掛けられている時は電源が入っていなければ盗聴器も働きません。
盗聴器を探す時は電波が出る状態にして探していきます。
家電製品の中に盗聴器が仕掛けられることもあります。
電気スタンド、時計、電化製品、テレビ、AV機器などの内部に盗聴器が仕掛けられることがあるのです。
スイッチをオフしたりオンしたりして電波が出るかを確かめます。
今まで電波が出ていたのにコンセントを抜けば電波が出るのが止まったのであれば内部に盗聴器が仕掛けられているかもしれません。
電話に盗聴器が仕掛けられることもあります。
電話に盗聴器が仕掛けられているかどうかを判断するには電話を通話状態にしてみましょう。
通話状態にしている時にだけ電波が出ているのであれば盗聴器が仕掛けられている可能性があります。
屋外に電話の保安器がある場合、底に盗聴器が仕掛けられていることも考えられます。
盗聴者にとっては部屋に入って盗聴器を仕掛ける必要がないのでリスクが少ないのです。
誰かにプレゼントされたものに盗聴器が仕掛けられていることもあります。
フリーマーケットで購入したものも危険な場合があります。
盗聴が趣味の人によって仕掛けられていることも考えられます。

盗聴器の発見方法(1)

盗聴器はどんな場所に設置されているのでしょうか?
盗聴器は一般家庭、会社、オフィスなどあらゆるところに仕掛けられています。
当然、人が集まる場所に設置されていることが多いのですが一般家庭でも頻繁に発見されています。
では一般家庭のどのようなところに設置されているのでしょうか?
盗聴器がよく仕掛けられている場所にコンセントがあります。
盗聴器は基本的に電源がなければ機能することが出来ません。
一般家庭で電源といえばコンセントでしょう。
そのためコンセントが最も仕掛けられやすいのです。
コンセントパネルを外してみましょう。
もし黒い物体が取り付けられていればそれが盗聴器です。
コンセントまわりのまわり盗聴器にはコンセントにささっているソケットに盗聴器が仕掛けられていることもあります。
また延長コードに盗聴器が仕掛けられていることもあります。
怪しいと思ったら取り外して調べてみることが大切です。
「怪しい、盗聴器があるかもしれない」と思ったらまずは電波が出ているかどうかを確認しましょう。
盗聴器の中には電源と連動してON、OFFとなるものもあるのです。
コンセントがささっている時には電波が出ていたがコンセントを外せば電波が止まっているのであれば盗聴器がある可能性があるでしょう。
盗聴器が一番仕掛けられやすいのはコンセントまわりです。
まずは盗聴器があるかどうかコンセントまわりから調べていくことが効率的で良い方法でしょう。

電磁波盗聴の方法と手口

電磁波盗聴とはどのような手口なのでしょうか?
電磁波盗聴とは通称テンペストとも言われています。
遠く離れたところからパソコンの電磁波を拾ってモニター画面を映し出すのです。
電磁波盗聴はパソコンを勝手に遠隔操作し内部にデータをダウンロードするということではありません。
あなたが今見ているパソコンの画面を遠く離れた人も見ることが出来るというものです。
ディスプレイを復元できるのみです。
一般の人の場合たいして驚異に感じることはないかも知れません。
しかし警察の調書や防衛庁の文書、保険会社の顧客リスト、金融会社の顧客リストなど知られては困る情報であれば大きなリスクに感じることになるでしょう。
高度な専門技術の知識があれば秋葉原で売られているような電子機器を利用して電磁波盗聴をする機器を作ることが出来るようです。
これとは別に無線LANの電波を介してパソコン内のデータを盗んだり、ネットを使って行ったやり取りを盗み見されたりすることがあります。
無線LANでパソコンのネットワークを構築しているような場合、その電波は簡単に外部に漏れてしまいます。
暗号化していれば防ぐことが出来ますが、暗号化されていないと誰にでも簡単に情報が漏れていってしまうのです。
暗号化されていない無線LANは全ての通信内容をのぞかれているようなものなのです。
電子メールの情報、機密ファイルの情報等のぞかれているかもしれないと考えたほうがいいでしょう。

携帯電話の盗聴の方法と手口

盗聴器はどんな場所に設置されているのでしょうか?
盗聴器は一般家庭、会社、オフィスなどあらゆるところに仕掛けられています。
当然、人が集まる場所に設置されていることが多いのですが一般家庭でも頻繁に発見されています。
では一般家庭のどのようなところに設置されているのでしょうか?
盗聴器がよく仕掛けられている場所にコンセントがあります。
盗聴器は基本的に電源がなければ機能することが出来ません。
一般家庭で電源といえばコンセントでしょう。
そのためコンセントが最も仕掛けられやすいのです。
コンセントパネルを外してみましょう。
もし黒い物体が取り付けられていればそれが盗聴器です。
コンセントまわりのまわり盗聴器にはコンセントにささっているソケットに盗聴器が仕掛けられていることもあります。
また延長コードに盗聴器が仕掛けられていることもあります。
怪しいと思ったら取り外して調べてみることが大切です。
「怪しい、盗聴器があるかもしれない」と思ったらまずは電波が出ているかどうかを確認しましょう。
盗聴器の中には電源と連動してON、OFFとなるものもあるのです。
コンセントがささっている時には電波が出ていたがコンセントを外せば電波が止まっているのであれば盗聴器がある可能性があるでしょう。
盗聴器が一番仕掛けられやすいのはコンセントまわりです。
まずは盗聴器があるかどうかコンセントまわりから調べていくことが効率的で良い方法でしょう。

リモート式盗聴器の方法と手口

リモート式盗聴器とはマイクで拾った音声を電波を使って伝達する盗聴器です。
発信機の電源をリモートコントロールすることが出来ます。
受信機にもリモコン専用の受信機が必要になってきます。
最もオーソドックスな盗聴器と言っても良いでしょう。
広く知られているのがこの盗聴器ではないでしょうか。
受信機があれば誰でも簡単に受信することが出来ます。
発信機のリモコン操作は非常に簡単です。
リモコン操作でON/OFFをすることが出来ます。
リモコン専用受信機の電源をONにすれば発信機の電源もONになります。
いとも簡単に必要な盗聴することが出来るのです。
リモート式盗聴器は発見しにくい盗聴器です。
なぜ発見にくいのでしょうか?
部屋に盗聴器を仕掛けなければならないのですが、部屋の盗聴をしていない時は電源がOFFの状態になっています。
稼動していない時は電波を出していません。
盗聴器を発見しようと探査機を使用して電波を探していても電源が入っていないために見つかりにくいのです。
リモート式盗聴器はリモート式受信機と発信機はセットになっていなければ使用することが出来ないのです。
その為販売されている時も二つセットにして販売されているので高価な値段が付いているようです。
だいたい10万円以上するようです。
高価な値段がしても必要な情報を得ることが出来ます。
盗聴発見に極めて有益であることからも優れた盗聴がしたいために購入している人はいるのです。

レーザー盗聴の方法と手口

レーザー盗聴とはレーザー光線を使った盗聴です。
盗聴したい部屋に盗聴器を仕掛けることは必要ありません。
盗聴したい対象者がいる部屋に対してレーザー光線を当てます。
そのため第三者が発見しようとしても困難を極めます。
部屋の窓にレーザーを照射してレーザーの反射によって盗聴をします。
窓ガラスや壁のかすかな振動をキャッチして音声を復元するのです。
盗聴の音はかなりクリアーに聞こえるようです。
直接仕掛けるのではないので部屋の中で発見されることはありません。
しかし、レーザーを窓に垂直に発射しなければ盗聴することは出来ません。
レーザーを窓に照射することで周囲の人に気づかれやすい弱点もあります。
かなりリスクの高い盗聴方法になるでしょう。
一般家庭で使用されることはほとんどないと考えられます。
スパイ活動や諜報活動を目的とした盗聴活動で主に使用されると言います。
探偵社や調査会社も使っているようです。
レーザー盗聴は広く一般に普及しているものではありません。
この盗聴器はかなり高価な値段がします。
安くても数百万円はするようです。
700万円とも1000万円とも言われています。
このレーザー盗聴は専門的知識がなければ扱うことが出来ません。
コンクリート、壁の材質、厚さなどによって聞こえ方はさまざまです。
部屋に盗聴器を仕掛けなくてもいいのですが設置するのは大変です。
盗聴をクリアーに聞けるようになるためにはかなりの知識が必要になってくるらしいのです。